更年期に効くプラセンタ【おすすめはどれ?】

MENU

どのようにして更年期の症状を改善したか

どのようにして更年期の症状を改善したか

現在更年期真っ只中の私は、特に精神的な不安定さに自分でも情けなくなることが多いです。

 

 

 

もともと、PMS、いわゆる生理前症候群の症状が強く、イライラや食欲の増加、便秘などの症状に苦しむことが多かったのですが、更年期の症状は、それが毎日続くような感じで耐えがたいものです。

 

 

 

体のほてりもひどく、家族の誰もが寒いと言っている中、私一人で暑いと訴えたりということも多々あるのですが、それを否定されると今度はイライラが始まり、家族に当たり散らすという症状に出てしまいます。

 

 

 

もう更年期をとうの昔に乗り越えた母に相談したところ、母の場合は仕事をしていたお蔭で、更年期の症状に自分では気が付かなかったそうです。

 

忙しい方が、更年期のことを考えなくて済むということを聞いたので、専業主婦だった私は一念発起をして介護の仕事に就くことにしました。

 

 

 

新し仕事に慣れることが精一杯で、確かに更年期の症状に気が付かなくなったように思います。

 

まだ、更年期と言われる年齢なので、このまま落ち着いてほしいです。

仕事中に倒れる事がある更年期障害

私ではないのですが、職場の仲間で、仕事中にいきなりふらつきがひどくなり、急に座り込んだまんまで動けなくなってしまった者がいたんです。

 

どうしたのかな?って思ったけど、本人は休んだら大丈夫、とのことで、近くのみんなの作業が見えるところで、座って、しばらく休んでもらいました。

 

 

 

かなりまいってる様子で、立ちくらみがするかのようでした。

 

ずーっと頭をおさえていました。

 

かなり、見た感じで辛そうだったので、その当時は若くて何も知らない私ですらも、なんとなくあの人が更年期障害だ、とわかりました。

 

病気の分ではなくて、持病とかそういうものでもなくて、すぐにまたしばらくしたら、元通りに、元気になる物でしたから、その人もどのようにしたらいいのかをよくわかっているかのようでした。

 

 

 

女性ホルモンがだんだん減少してあちこち不都合なことになるものだから、頭痛でも頭痛薬なんかをいちいち飲まないです。

 

いちいち飲んでたらきりないし…

 

あちこち、不便になるから。楽になるためにそういう頃には少しでも女性ホルモンがほしいので、更年期障害に効果を示す食事方法に切り替えるとか、サプリメントを飲むとか、そういうのでいいんです。